ホーム >  写真集 >  お遍路さん >  歩き遍路 >  美容室チェーンの高木会長

高知の美容室チェーン「RTヘアクリエイション」の高木会長。

写真のまんなかのおじいいさんです。

数年を経てもたまに連絡があったり、東京で会ったりしてました。

少しでも継続したのは、遍路知り合いとしては、唯一無二。

最初は怪しかったが、、、いまだに少し怪しい・・。

当時で5回目のベテランである。すべて歩き遍路のつわもの

いまは、もっと回数を重ねてると思う。

出会ったのは、内子から44番へ向かう道中。まず怪しいと思ったのは、服装。

なぜか着流し

おかしいでしょ、だいたい。

いわゆる貧乏遍路かと思い、距離を置きたい感じの人。

それなのに、へらへら話しかけてくるので、なるべく応対しないようにしていたんだけど、歩いても歩いても追いついてくる超健脚じじい

とくかく、普通の遍路ではないことは間違いない。真似できると思わないし、したいとも思わない。

驚くべきは、荷物。

肩掛けの布袋をだけ。それ以外の荷物はナシ。

中に入っているのは納経帳を2冊のみ。

下着も着替えも雨具も食糧などの備えも、一切なし。

来ている一張羅を毎日洗うのみ。雨が降ったら傘を買う。

常人にはまねできない徹底ぶり。

3日間続けて一緒に歩き、2日間同宿だった。

出会った日も、もともと予約していた宿を強引に変更し、自分と同じ宿に予約を入れた。

もともとの宿も、ボクから携帯を奪って、勝手に電話してキャンセルする始末

もう笑うしかない(笑)

2日目は、道後温泉に泊まろうということになったが、45番から道後まで到達できず、47番八坂寺で納経の後、タクシーで道後へ

チャハルという旅館に2名1室で宿泊。

一時的にお遍路中であることを忘れてしまうそうになる。

その上、翌日。

47番八坂寺まで戻らなければならないのに、雨が降ってるし面倒だからということで

48番からスタート。

おかげで、47番から48番まで歩いてない

ぼくにとってははじめての遍路なのに。

こんなとこに空白地帯ができてしまった。

明らかに商品と思われるキュウイをもぎ取ってしまう。

・・・東京では、それを万引きという

道後温泉本館にも、一緒に入浴。

奢ってくれた。

忘れっぽくて、世話が焼けて、強引で、自分勝手な疲れるじじいであった。

しかし、この怪しいじじいのおかげで、遍路の打ち方が変わった。

高知は13日かかったのに、愛媛は9日で終了したのはこのじじいの影響である。

・・・楽しいおっさんであった。

カテゴリ内ページ移動 ( 35  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  .. 35