ホーム >  お遍路ナビ >  コース攻略 >  38番 足摺岬の歩き方

38番 足摺岬の歩き方

遍路中、一番難しいのが足摺の周り方だった。2,3日前から悩みに悩んだ。

出会ったお遍路さんに聞いてみたりもした。

当初、足摺をぐるっとまわって、そのまま三崎のほうへ歩いていくものだとばかり思っていた。

遍路地図にも、そうゆうコースは載ってるし・・・。

しかし、それはとてつもない時間ロスとなる。かつ、そのコースは宿も少なく、遍路では、かなり特殊らしい。

問題は、2つ。コース取りと宿泊地である。

コース取り

前提として、27号線の内側(窪津側)から、38番を打つ。

そのあと。

a)元の道をそのまま打ち戻る。

 →これが一番、距離が短くて楽

b)足摺岬をぐるっと周って、そのまま27号線を歩き、岬の付け根で、内側の27号線に戻る

 →距離は長いが、景色がいい。(遍路道じゃないです、公道のほう)

c)348号線という山中の道を戻る。

 →距離は短そうに見えるが、アップダウンが激しく、且つ景色が皆無らしい。

d)これらを逆にまわる

 →つまり、西側から周って、内側から帰る。

久百々の女将に相談したところ、彼女は、「絶対に)」だと言い張るので、)を選択した。

なぜ、b)かというと、足摺岬の西側は、景色が綺麗だからだ。

西側ルートとは言っても、遍路道は景色がないので、アスファルトの公道を歩く。

宿泊地

民宿いさりび」や、「 久百々」に泊まれば、38番まで往復しても、40キロちょっと。

もちろん、最短の内側を打ち戻るコースをとった場合だ。

岬を打ち戻って日帰りするのと、足摺岬で1泊するのでは、1日分違ってくるわけだ。

その上、39番までは、結構な距離があって、この三原村周辺には、宿がないため、その手前の海沿いで宿泊せねばならない。

ちなみに僕は、

久百々(くもも) 泊

~20キロ~

国民宿舎足摺テルメ 泊

~20キロ~

久百々(くもも) 泊

このころは、気楽に歩くことを主眼においてたせいもある、さすがに1日20キロは怠けすぎかも。

お昼頃には到着しちゃったし。

今なら、日帰りするだろうと思われる。

道に迷いそう

このコースでは、浜を歩いたり、天然の行き止まりがあったり、「この道は、~の遍路道」等の立て札があって

よくわからない道が多くあります。

ショートカットするはずの遍路地図どおりに歩いても、不安になってくる道が多かった。

海沿いの道なので、道に迷うことはないと思いますけど、結構なロスになる場合もあるので、気をつけたほうがいいです。


7:15 久百々を出発。この日は、1日雨だった。


8:00 少し行くと「大岐の浜 」があって、遍路初、浜を歩く。


普段、人も来ないような、ゴミの中を歩いて行く。ってか、道なんてないし。
途中、「つきあたりを右」の道しるべを発見。
つきあたり???ってなんだと、不思議に思っていると、前方を岩が覆っていた。
つまり「天然つきあたり」である。

で、右を見ると道がある・・・。

これが、天然つきあたりである ↓↓↓


10:30 窪津のまち


11:30 途中、道に迷う・・・。

なんとなく、見つけた道しるべを頼りに、道に入っていくが、1周して元の場所に戻る・・・。


12:10 こういった道に入ると、意外と失敗だったりする。おへんらーとしては好みの道なのに。


12:20 足摺岬到着。


12:30 チラッと足摺観光、人はいない。誰もいない。


12:40 38番 金剛福寺山門


翌日の足摺半島西側の景色


黒潮接岸地にある竜宮神社

ここには、上に展望台
下に神社がある。

この海の青さに感動しました。なんというか、青が濃い


これが、その竜宮神社


西側ルートでは、途中、中浜を通る。

中浜といえば、有名なジョン万次郎の出生地である。


最後に、また「大岐の浜」を歩いて、宿に帰還


38番への1日目は雨で、2日が晴れたので、ある意味、このルートで正解だった。

天候によって、ルートを変えるのはありです。

地図  [KML] [地図表示]
カテゴリ内ページ移動 ( 5  件):     1  2  3  4  5