31日目:61番香園寺~65番手前5キロ地点(三島第一ホテル)

いま、愛媛県四国中央市の伊予三島駅そばの三島第一ホテルにいる。

今日も、45キロ。
これで3日連続、40キロ超え、歩数でも6万歩超えだ。
昨日の夜、宿で190センチ君にマッサージしてもらったおかげかも。
190センチ君は、草津で2年マッサージ師をしていた経験を持つプロ。じっくり45分も♪めちゃくちゃ気持ちよがった。

/ 宿坊である61番香園寺を含む4寺を打って、その後、65番三角寺そばの伊予三島まで40キロの道のりが目標。

納経の関係から、40キロへのスタートは、10時になった。休憩無しで、時間5キロ歩く計算をしても、到着は18時。
昨日と同じで、途中までは無理だと思っていた。
宿も、これまでの前日予約から、この3日間当日の夕方以降に取るようになった。

この数日で遍路のスタイルが変わってしまった。

遍路に来て、どう歩くべきか、何度も考えが変わった。
前に、宿泊まりの計画は、詰め将棋みたいだって書いたけど、全く予定を立てないのも面白い。

あらかじめ宿を決めてしまうと、無理な計画はたてようがない。
ここで頑張っても、次が無理だからこの辺にしておこう、なんて考えていたら、だんだん達成感は得られなくなってしまう。

しかし、、、
今日の写真をすべて登録してから思った。
表紙にする画像も無いぐらい、つまらないブログになってしまった。

達成感はあるけど、思い出の場面が無い。
これもひとつの遍路スタイルなんだろう。
たぶん、次に歩いたら、30日を切れそうな気がする。

明日は、最後の山場65番66番を一気に打ち、67番まで行けそうだ。峠道だろうが、40キロあろうが、問題ないだろう。

この旅の終わりが見えた。はっきりと。
ゆっくり歩いても、1週間かからないだろう。
ついこの間まで、誰も居ない我が家へ帰りたかったけど。
いまは、そう思ってないなあ。


61番 香園寺本堂

体育館か講演会場のような殺風景で風流のかけらもない本堂だった。朝見てびっくりした。

昨日、20時に電話して、泊めてくれたのはありがたいけど、、、
素泊まり、4500円
朝食つき、5800円(2食付は、また別料金)
1300円の朝食を堪能

なんと
ご飯と味噌汁、味付け海苔、生卵、漬物
これにも、びっくりした。


曇り空、にわか雨が降るという予報だったが、この後、普通に雨だった。

出発したのは、7:30

190センチ君と一緒に歩く


62番 宝寿寺(山門無し)

61番からは、1.3キロ


63番 吉祥寺山門

62番から1.4キロ

吉祥寺は、ボクの隣町だ。


63番 吉祥寺本堂


侘びしい朝食だが、ご飯は3杯食べた。
にもかかわらず、時間にして1時間半、

距離にして3キロ足らずしか歩いてないのに、お腹が空いた。

満腹中枢に問題があるようだ。
ボケの始まりと思われる。


徳島まで、186キロ
高松まで、112キロ

徳島まで行けば、四国一周だ。

高松も、もうすぐそこ。
直接行ければ、3日で歩ける。

と思える神経がおかしい。

石鎚神社の鳥居

石鎚山に登ってみたかったけど。Tシャツしか持ってないから、断念。

看板シリーズ

この開放感。
二人だけの世界って感じだ。

とてもいいネーミング


64番 前神寺(惣門、山門なし)

63番から3.2キロ


64番 前神寺

敷地も広いし、本堂も立派だった。

62番と63番とは雲泥の差なんだ。
檀家の差か


ハタダの栗タルト
気になって、また買ってしまった。

16タルトのライバル。
どっちが先かわからんけど、この辺は、このタルト屋さんの看板が多かった。
やっぱり、大して、美味しくない。
だいたい、栗の味なんかしない。

ここで、190センチ君と別れた。
彼は、遍路道へ。
ボクは、国道を一直線に行く。

また、会えると思う。


遍路をはじめた当初は、常に遍路地図にある歩き遍路用の道を選択していた。
もちろん、いまでも山道があれば、そっちを選ぶ。
しかし、街中の遍路道は、片手に地図を持ってないと迷うことがあるし、ぼんやりできない。

なので、考え事がしたいときは、ただただ歩くだけの国道を選択するようになった。

ここから40キロ爆歩を開始
しかし、10時とえらく遅いスタートとなってしまった。


最近、疲れて歩くのがイヤになってくると、お経が頭の中を駆け巡る。

かんじんざいぼうさつぎょうじん・・・・。
がこんけんもんとくじゅじがんげにょらい・・・。


頭がおかしくなった気がする。


雨の中、小さな神輿の行列を発見。
追いかけていって、前に行く


こんにちわ。
どーも。

と、声をかけながら撮影したが。

しらー・・・と。

全く無視されてしまった。
なんだか切ない。


ほら、この看板

じつは、最高金賞の文字につられて買ったんだ。

でも、モンドセレクションってなんだ。


国道に疲れ、街中の遍路道を行く。

みな、低い山だけど、折り重なって山脈になってる。

そういえば、石鎚山が見えるか聞いたけど。
天気が悪いので、見えないそうだ。

残念。


お腹が空いたので、食堂を探しに、国道へ戻ると、すぐうどん屋があった。

この辺のは、みな。
讃岐であり、セルフである。

カツどんと、うどんにごぼう天を付けた。
地元民が大勢いたので期待したけど、いたって普通。


30分ほど歩いたら、ラーメン屋があった。

失敗した。
ホントは、ラーメン屋を探してた。

和歌山ラーメン

気になる。

が、食えそうも無いので断念。


雨は、降ったりやんだり。

を持つと、いつも以上に肩がこるんだ。


雨が降っていると、休憩場所が無くて困るのだ。

国道を歩いているせいもあるが、この辺、椅子と屋根のある場所は皆無。
田舎を歩くと、結構あるのだが、都会にはほとんど無い。
このトタンの工場にかすかな屋根があり、そこにへたりこむ
地面も汚いし、雨もあんまり防げない。
でも、肩が痛くてツライ。
このときが一番歩きたくなかった。
でも、喫茶店に入ってお茶を飲む時間は無い。

なんとか20キロ地点まで、予想通りのペースで来れた。
あと半分だ。

14:25重い肩を上げて出発


なんとか雨は上がったが、空が薄暗くなってきた。

もう夕方の4時だ。

この少し前から、ウォーキングハイモードに突入した。

確変みたいなもんだ。

朝一のときもあるし、午後のこともある。
1日歩いて、1回もないときもあるけど。

このモードに入ると、時速6キロで歩ける。
こうなったら、よっぽどのことがないと止まらないようにする。


靴に小石が何個が入ったため、やむを得ず、ウォーキングハイモード一旦終了。

1個2個は、我慢していたけど。4個ぐらい入った・・・。

ファミマで、ホットの缶コーヒーとどら焼を購入。
このファミマには、ベンチがあった。
都会のコンビニは、ベンチが無くて困る。
風紀上の問題なんだとは思うが、

高知のスリーエフの「お遍路さん優先ベンチ」がいとおしい。


17:30

もうほとんど夜みたいなもんだ。
高松まで、112キロだったから、38キロ減ったことになる。
歩くって、すごいね。


伊予三島まで、後5キロ。
もう安心。

宿に電話して、予約。

予約の電話で、 伊予三島駅周辺には食べるところが少ないことを聞き、 国道沿いのガストで、夕食

チキングリルと、クリームコロッケ。
久しぶりのファミレスを堪能。


19:30
三島第一ホテル到着

建物:古め
部屋:普通
風呂:U/B
浴衣あり、タオルあり
洗濯:洗濯機あり(無料)、乾燥機家庭用(無料)
食事(夕):なし
食事(朝):なし
対応:普通
料金:5800円