26日目:(内子 松乃屋旅館)~45番岩屋寺(古岩屋荘)

今日は、このおっさんのおかげで、ひどい目にあった(笑)

このおっさん、RT-Hairとかいう高知の美容室チェーンの会長さん
いわゆる自分を中心に世界が回ってるタイプだ。

RT-Hair

これこれ!こんなとこで偉そうに語っとる。
このハゲのおっさん。

前日に予約した44番そばのガーデンタイムという宿を勝手にキャンセルして、古岩屋荘という8キロ先の宿を人の分まで予約するという荒業を見せた。
61歳のじいさんに、そこまで行くのだと言われれば、20歳年下のボクが行けないとは言えない。じっちゃんのプライドにかけて。

おかで、au携帯は電波入らず、docomoのデータ通信カードも、繋がったり、繋がらなかったりの通信環境の山奥へ連れて行かれた。
いくつもの峠を越えて、40キロ

足が・・・・。

よく笑う健脚ハゲの61歳は言う。
大事なのは、運と夢。

「あんたは、おべんちゃらが使えないやろ!」
「人付き合いが下手なんや」
と一喝。

ざっつらいと!
でも、そんな自分も嫌いではないのだがなー。

古岩屋荘の温泉、気持ちよかったー。
今日の影響で、左足裏が他人のみたいだった。

明日は、無理せず歩きたいと、弱気な40歳は思う。


松乃屋旅館の朝食

久しぶりに、豪勢な朝食を食べた。
ここの女将さん。
夕食のまかないから、布団まで敷いてくれる立派な女将
聞くと、そうしたいんだと
言う。

甘味屋のおっさんには、さんざん言われたけど、この宿いいと思います。


6:40出発

この街も、霧




通信環境、劣悪です。

遠くから見たら、川にゴミが捨ててあるのかと思ってたら、白衣のお遍路さん
同じ宿で、30分以上前に出発してた二人のおばちゃんだった。

「ゴミかと思いましたー。」って言ったら、笑ってた!


霧の中から、少しずつ太陽が現れる
今日も暑くなりそうだ。

紅葉に期待しながら、久万高原に向かって歩く。
まだ、肌寒い。


もみを天日干してるおじちゃん。
自分でも、珍しいやろと言っていた。

途中、大瀬の町並み
このままで、十分古い町並み


日差しが激しさを増す

あつい。


吉野川トンネル。10:00

この手前に分岐がある。
最新のお遍路地図にはない道路が、ちゃくちゃくとできていて、迷いそうです。
お遍路さん、この辺お気をつけください。

ハゲのおっさん間違いそうでした。
間違うと、松山へいっちゃいます。


ランチ

宿そばのサンクスで買ったパン2個
このとき、1つだけ食した。
結局、もう一個のあんぱんのほうは、食べる機会を逸し、まだザックの中。
あのおっさんのせい。


落合トンネルを抜け、少し行くと、ペットボトルを満載した人たちが、水を補給してる。
この水うんまい。

で、水を飲んでたら、あのおっさんに追いつかれた。


着流しの不気味なおっさんだった。
ほんとは、水補給の手前で会って話ししたんだけど、途中で差を広げた。
あんまり関わりたくなくて、早足で進だ。

しかし、水補給でちょっと気を抜いたら追いつかれた。
てか、ボクのすぐ後ろを歩いてた健脚。

結局、ここから、このハゲと並走して歩くことになってしまった。

怪しいです。お遍路貧乏かと・・・。


三島神社、12:10

立派な神社です。


しいたけ栽培地


44番の大宝寺に向うには、いくつかのルートがあるんです。

我らは、鴇田峠を選択

鴇田峠遍路道に入る、12:50


木陰の多い、なかなかいい道
勾配もそれほどない

突然、着流しのおっさんが「どこに泊まる?」と聞いてきた
「44番札所の手前の宿」と答えると
「古岩屋荘の風呂がいいんだよー」
古岩屋荘は、45番札所の手前だ。
もう時間的にも厳しいし、予約しちゃってるし・・・。

「キャンセルすりゃーいいんだよ。」って

ボクの携帯を貸せと、

奪った携帯の履歴から、予約した宿に電話しはじめた

あ、ぜ、、、ん
あっという間、逡巡とか一切なし
途中まで冗談だと思ってた
まさに、唖然とした。
電話の先の宿の人に、具合が悪くて到着できないとか何とか言ってる。
本当にキャンセルしやがった。。。

し、信じられない

だいたい、さっき会ったばっかだろ。
僕の人生で、自分の取った宿を知らない誰かにキャンセルされたことはないし
たぶん、これからの人生でもないと思う。

おっさんはというと
さっそく、古岩屋荘に電話して、2名分の予約を取っていた。(笑)

世の中には、いろんな人が居る。。。
まだまだ、日本の中にもボクの知らない世界があるようだ

わんこ畑

犬小屋が10個ぐらいある。
全員から、合唱で吠えまくられた・・・。

かなしい。


峠途中のとてつもない山中に遍路休憩所があった。
お茶をお接待いただいた。
販売機もなく、水分が乏しかったので、めちゃ嬉しかった。
この方がたのは、観光収入など関係ない完全なボランティアでしょう。
ありがとうございました。

とてもにあり難かったので、中身が重いわりに全く減る気配の無い龍角散のど飴(開封済み)を進呈いたしました。
決して、厄介払いしたわけではありません。
ゆうなれば、龍角散のど飴(開封済み)のリレー


鴇田峠、14:10

このおっさんは、バケモノ
休憩もほとんど無し、歩きずくめ
でも、そうしないと、古岩屋荘には、たどり着けない。


一部色づいている。


まるで新緑


鴇田峠済み、14:30

まだまだ、先は長い。


川の先に見えるのが、久万高原の町


久万高原は、紅葉が始まっている。
本番は、あと2週間ぐらい先かな。


15:30、峠御堂トンネルを越えて、45番方面へ向かう。
日差し真っ盛り。

宿到着目標、17:00
歩き続ければ、可能だ。
しかし、そろそろきつくなって来た。
休憩すると、次の歩き出しで足に痛みがあることが分かる。


古岩屋荘裏手にたどり着く

でっかい岩に紅葉
紅葉真っ盛りには、すばらしい景色なんだろう。


古岩屋荘

宿到着は、予定通り17:00
宿の外観を撮るの忘れた。
建物:ふるい
部屋:ふるいが清潔感あり
風呂:温泉♪
浴衣あり、手ぬぐいタオルあり、バスタオルなし
布団:自分で敷くらしい。
洗濯:洗濯200円、乾燥100円、3台づつある。
食事(夕):ご飯が美味しかった。
食事(朝):
対応:普通
料金:?

宿に到着して、久しぶりに嬉しかった。

美容室チェーン会長曰く、自分の限界であるかないと、達成感はない。という、そのとおりだろう。

でも、、、
仕事じゃないし、ノルマを課したくは無い。
40キロは歩きたくないなあ。